スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blu-ray 3Dか、3Dが見られるBlu-rayか。それが問題だ。

2010/9/21にPS3がBlu-ray 3D再生に対応しました。
そこでBlu-ray 3Dの情報を集めようとしたのですが、ひとつ大きな問題にぶつかりました。
それは、「Blu-ray 3D」なのか、3Dが見られる「Blu-ray」なのか、なかなか区別が付かないということです。

実際に、Amazonで「Blu-ray 3D」と検索してみましょう。
様々な「3D」を謳うBlu-rayが検索に引っかかりますが、さて、これらは本当に「Blu-ray 3D」なのでしょうか?

試しに「ポーラー・エクスプレス 3D」をクリックしてみます。
内容紹介を見るといかにも「Blu-ray 3D」のように見えます。
が、ユーザーレビューを見るとこのBlu-rayは、赤青メガネでおなじみのアナグリフ方式によって3D対応をしていることがわかります。
確かにこれでも「3Dが見られるBlu-ray」と言えなくもないですが、PS3が対応した「Blu-ray 3D」ってこういうことではありませんよね。

それじゃあ、そもそも「Blu-ray 3D」とはどういったものなのでしょうか?
Blu-rayの規格策定を行っているBDAのプレスリリースを読むと、「Blu-ray 3D」は以下のような規格であることが分かります。
・MPEG4-AVC規格を拡大したMPEG4-MVCにより、3Dで1080p再生が可能
・MPEG4-MVCは後方互換性があり、既存のBlu-ray Discプレーヤーでの2D再生(1080p)が可能

つまり、逆に言えば「MPEG4-MVCでないものはBlu-ray 3Dではない」「既存のBlu-ray Discプレーヤーで2D再生できないものはBlu-ray 3Dではない」ということです。
そうして、もう一度Amazonの検索結果を見ていくと、まず「モンスター・ハウス IN 3D」「くもりときどきミートボール IN 3D」「(仮)アイドリング!!! ブルーレイ3D&2D」あたりは、2Dでも再生できると明記されていますのでどうやら「Blu-ray 3D」のようです(MPEG4-MVCかどうかは書かれていないので確定ではありませんが)。

そして、ややこしいのは「タイタンの戦い 3D & 2D ブルーレイセット」と「Disney's クリスマス・キャロル 3Dセット」です。
「Blu-ray 3D」は2D再生が可能なはずなのになぜ2枚組みなのか、明確な説明はありません。
そして更なる情報を求めて「タイタンの戦い」の公式ページを見ると、フォーマットがMPEG4-MVCではなくVC-1と書かれています。
ますます怪しくなってきました。

しかし、色々なニュース記事などを見ると「タイタンの戦い」も「クリスマス・キャロル」もBlu-lay 3Dだと明記されていることが多いです。
ですので、おそらくこれらは「Blu-ray 3D」なのだと思います。公式ページの情報間違いというのはよくある話ですし。

でも、心配な人は買った人のレビューを見てから購入した方が良いかもしれません。確定ではありませんので。

とにかく、何が言いたかったかというと、ややこしいからはっきり「Blu-ray 3D規格準拠」とか書いてくれってことです。
わざわざ「Blu-ray 3D」に対応したPS3でアナグリフ方式の3Dとか見たくないですからね(笑)。
関連記事

テーマ : Blu-ray
ジャンル : 映画

tag : 3D立体視 Blu-ray3D

コメント

非公開コメント

No title

おっしゃるとおりですねー
プロフィール

PS3and3D

Author:PS3and3D

発売中/発売予定3D立体視タイトル一覧
最新記事
Twitter
 
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。